無料ブログはココログ

« 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 13 | トップページ | くらし学際研究所2018年11月月例会・公開講演会のお知らせ »

2018年10月 8日 (月)

「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 14

台湾原住民族ツォウ族の村・來吉部落
―生活に溶け込むアート・ものづくり
 
くらし学際研究所・チーム〈近隣アジアを知る〉
                 垂 水 英 司
 
  原住民族の人たちは、もの作りがとて も巧みだ。かれら14_2の絵がいい。そして歌も 素晴らしい。その創造の源泉は、彼らの血 肉に宿る自然と共に暮らしてきた遺伝子 ではないか、と思う。…
 台湾の友人の車でくねくねした山岳道 を 1 時間以上辿ってやっと到着した。い きなり大きな岩に彫られた赤いイノシシが出迎えてくれる。イノシシは来吉部落のシンボ ルということだ。 …

(全文は181008.pdf」をダウンロードしてお読みください。


« 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 13 | トップページ | くらし学際研究所2018年11月月例会・公開講演会のお知らせ »

チーム・近隣アジアを知る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 14:

« 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 13 | トップページ | くらし学際研究所2018年11月月例会・公開講演会のお知らせ »