無料ブログはココログ

« くらし学際研究所2018年9月月例会・公開講演会のお知らせ | トップページ | 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 14 »

2018年9月10日 (月)

「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 13

戦争と平和紀念公園を訪ねる・高雄市旗津 ― 台湾人は、何のため、誰と戦ったのか

                くらし学際研究所・チーム〈近隣アジアを知る〉
                                                    垂 水 英 司

高雄港のすぐ前面…の細長い島…旗津の中ほどに、戦争とPhoto
平和紀念公園がある。
…主題館に近づいていくと、入口 横の壁面に描かれた3人の若い兵士たちが、どこか虚ろな眼差しをじっとこちらに向けている。私たちに何かを訴えようとしているかのようだ。
 この3人の兵士は、台湾籍日本兵、台湾籍国軍兵士、台湾籍解放軍兵士である。彼らは何者か、そしてその眼差しを理解するには、 会館に入って資料をみなければならない。…

 (全文は「180910.pdf」をダウンロードしてお読みください。

« くらし学際研究所2018年9月月例会・公開講演会のお知らせ | トップページ | 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 14 »

チーム・近隣アジアを知る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 13:

« くらし学際研究所2018年9月月例会・公開講演会のお知らせ | トップページ | 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 14 »