無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月22日 (金)

「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」11

921「大地が裂けた」現場・石岡ダムほか
  ―車籠埔断層が露頭した事例をみる

くらし学際研究所・チーム〈近隣アジアを知る〉
                                    垂水英司
11
「大地が裂けた!」
921 地震によって断裂した断層を目撃すると、誰しも自然の脅威を生々しく実感できる。…
 1999 年 11 月、台湾内政部営建署の要請で台湾を訪れた時、まず案内してもらったのが高 低差 10 メートルの断層のずれが目視できる石岡ダムであった。… 現場に到着すると、ダムの北端に近い部分が大きく破壊されていた。ダムの堤体は完全に なくなり、堤体の上を走っていた河川両岸を結ぶ連絡道路の路盤は複雑に変形して河川内 に落下している。…

   全文は、「11.pdf」をダウンロードしてお読みください。

2018年6月12日 (火)

「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 10

嘗ては邵族が主人公だった・日月潭
―手作りによる自力再建を支援する建築師 

       くらし学際研究所・チーム〈近隣アジアを知る〉
                                        垂水英司 

…921 地震によって邵族の
住まいは10大きな被害を受けた。地域の役員は… 謝英俊建築師に再建の支援を求めた。早速謝英俊は、…すぐさま自力更生に よる復興方式を提起した。 彼…は、原住民の伝統材料の竹、あるいは軽 量鉄骨など回収可能な材料を組み合わせ、… 「協力造屋」(みんなで住まいを作ろう)というプロジェクトが始まった…

全文は「10.pdf」をダウンロードしてお読みください。

 

2018年6月 9日 (土)

2018年5月 月例会・公開講演会の報告

111_2  2018年5月28日、くらし学際研究所は神戸市勤労会館で、公開講演会を開いた。演題は「明治150年と近代都市神戸―平和と持続可能な都市を―」。講師は、元神戸松蔭女子学院大学教授・現神戸YWCA会友 池田清さん。初めに当研究所代表世話人の西澤信善さんが池田清さんの経歴を紹介した。
 池田さんは現在、神戸市についての著作を準備中で、講演ではその概略を話された。

講演の詳細は、「20180528.docx」をダウンロードしてお読みください。

2018年6月 6日 (水)

「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 9

タイヤル族伝統織物の再興・象鼻部落
       ―尤瑪‧達陸(ユマ・タル)のたゆまぬ挑戦
 
          くらし学際研究所・チーム〈近隣アジアを知る〉
                                                     垂水英司

9…921地震は尤瑪(ユマ)にとっても大きな転機となっ た。部落は土石流で部落産業だった甘柿が被害 を受けるなど、村民の生活も打撃を蒙った。…村の伝統織物を単 に文化という側面だけでなく、部落復興、生活 経済という側面からとらえるべきではないか。 …材料の栽培、織物技 術の教育・訓練、技術の開発・研究を部落産業にしていくことに眼を向け始めた。…

 全文は「180606.pdf」をダウンロード
してお読みください。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »