無料ブログはココログ

« お知らせ 西澤信善著「カジノ戦争」 | トップページ | 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 7 »

2018年5月14日 (月)

「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 6

外省人の密集コミュニティ・台北寶藏巖地区
             ―国際芸術村に再生させる実験
 
          くらし学際研究所・チーム〈近隣アジアを知る〉
                                           垂水英司 6
……一度訪ねた いと思っていた私は、台北で時間のゆとりができた時、アポイントもなしに訪ねてみた。 (2014 年) 寶藏巖の寺院の境内をぬけると、すぐに集落に入る。くねくねとした狭い坂道や急な階段 に沿って、いかにも急ごしらえのような小さな家が、重なるように建ち並んでいる。先へ進んでいくと、ふとアーティストの工房に突き当たる。街角には彫刻や工芸品が置かれている。 少し広い広場にでると、たくさんの竹を吊り下げた大きなインスタレーション(アート展示)に出会った。 
1960~1980 年という比較的最近形成された市街地、それも違反建築で形成された問題市 街地を、「歴史街区」として位置付けたことの意味を考えさせられた。そして「アートとの結合」がどのような効果を生み出すのだろうか。いずれにせよ、大いなる実験であることは 確かだ。住民、行政、専門家、あるいはアーティストの中で、どのような議論があったのだ ろうか。同じような密集市街地を抱えている我が国からも、寶藏巖國際藝術村の実験の経過を大いに注視したいものだ。……
 全文は、「180514.pdf」をダウンロードを開いてお読みください。

« お知らせ 西澤信善著「カジノ戦争」 | トップページ | 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 7 »

チーム・近隣アジアを知る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554941/66719416

この記事へのトラックバック一覧です: 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 6 :

« お知らせ 西澤信善著「カジノ戦争」 | トップページ | 「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 7 »