無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月29日 (火)

「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 8

Gaga に学ぶ「部落共同厨房」・達観部落
―部落支援 13 年の実践を経て新段階へ



    くらし学際研究所・チーム〈近隣アジアを知る〉
                                               垂水英司   

8_4 …921 地震が発生すると、… 彼(黄盈豪)はまず達観部落でフィールド調査を始めた。そこで聞いた部落の老人たちの話の中で、 たびたび語られる Gaga というタイヤル族の祖訓に注目した。…Gaga はかつての部落に息づいていた伝統的な価値観、一言でいえば「分かち合い」の精神だ。…最も簡単な「食べ る」ということから出発して、かつての「共食共享 (共に食べ共に楽しむ)」というメカニズムを回復 したいという夢だ。 …

  エッセイ全文は、「180529.pdf」をダウンロードしてお読みください。

2018年5月22日 (火)

「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 7

タイヤル族発祥村「天空の城」・瑞岩部落
  ―921 震災後 12 年、ついに村落移転実現!


     くらし学際研究所・チーム〈近隣アジアを知る〉
                                                垂水英司  Photo_2
…車は、前方に突き出た山裾に沿い右にカーブを切って走っていくと、突然左前方の丘の上 に小さな集落が現れた。「あれが瑞岩です!」と顔新珠さん。周りを薄もやのかかる山々で 守られるように、小さな丘が鎮座している。その頂上に 100 戸ほどの民家が今にもこぼれんばかりに蝟集している。…
   全文は、「180522.pdf」をダウンロードしてお読みください。

2018年5月14日 (月)

「人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内」 6

外省人の密集コミュニティ・台北寶藏巖地区
             ―国際芸術村に再生させる実験
 
          くらし学際研究所・チーム〈近隣アジアを知る〉
                                           垂水英司 6
……一度訪ねた いと思っていた私は、台北で時間のゆとりができた時、アポイントもなしに訪ねてみた。 (2014 年) 寶藏巖の寺院の境内をぬけると、すぐに集落に入る。くねくねとした狭い坂道や急な階段 に沿って、いかにも急ごしらえのような小さな家が、重なるように建ち並んでいる。先へ進んでいくと、ふとアーティストの工房に突き当たる。街角には彫刻や工芸品が置かれている。 少し広い広場にでると、たくさんの竹を吊り下げた大きなインスタレーション(アート展示)に出会った。 
1960~1980 年という比較的最近形成された市街地、それも違反建築で形成された問題市 街地を、「歴史街区」として位置付けたことの意味を考えさせられた。そして「アートとの結合」がどのような効果を生み出すのだろうか。いずれにせよ、大いなる実験であることは 確かだ。住民、行政、専門家、あるいはアーティストの中で、どのような議論があったのだ ろうか。同じような密集市街地を抱えている我が国からも、寶藏巖國際藝術村の実験の経過を大いに注視したいものだ。……
 全文は、「180514.pdf」をダウンロードを開いてお読みください。

2018年5月13日 (日)

お知らせ 西澤信善著「カジノ戦争」

 当研究所西澤信善代表が、晃洋書房から「カジノ戦争」を上梓されました。本書は、くらし学際研究所紀要8の「日本経済とギャンブル」にその後の展開を踏まえて、増補・加筆されたものです。

Img_2 目次をご紹介しますと、
はしがき
第1章 カジノで地域振興をはかるな
第2章 現実化する「統合型リゾート」構想
第3章 大阪でのIR設置の動き
第4章 人々を窮乏化させる商業的ギャンブル
第5章 本当は怖いギャンブル依存症
第6章 カジノの地域社会への影響
第7章 カジノを考える
第8章 ギャンブル大国・日本
第9章 インバウンド観光とカジノ
第10章 カジノ戦争
おわりに
あとがき
です。

★定価 本体1800円(税別)です。
  研究所員の皆様からご注文の場合は「税込み1500円」で、残額・送料は研究所から補填します。
下のコメント欄、または電話(090-4566-8745 落合)でお申し込みください。所員の方は、MLでお申し込み頂けます。
 お一人何冊でも結構です。

2018年5月 8日 (火)

人と歴史が交錯する台湾―少しディープな台湾案内 5

旧日本航空隊基地の官舎群・岡山楽群村
              ―消えゆく「眷村」をどう残すか


         くらし学際研究所・チーム〈近隣アジアを知る〉
                             垂水英司

.5_3...,,,,ところで眷村とは何か。1945 年戦争に敗れた日本が台湾を去り、代わって中国大陸から行政長官や国軍が台湾に入った。その後国共内戦に敗れた中華民国政府は、1945 年末大陸 を撤退して逃れるように台湾へ移った。1945 年から 1950 年の間に、大陸から台湾に移住してきた外省人は、軍隊や政府関係者及びその家族などを含め、およそ 200 万人といわれる。 そのための住宅確保は大変だったであろう。彼らは日本人宿舎の転用、あるいは政府や民間 が急ごしらえで建設した住宅などに住んだ。これが「眷村」といわれるコミュニティだ....
  全文は「180514.pdf」をダウンロード
してお読みください。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »